ゴルフのプレー代に関する税務調査事例

2014-08-07

ゴルフはされますか?

そういう事業主様も少なくないですよね。

 

ゴルフのプレー代を経費に計上する際に、気をつける点をあげます。

①仕事の関係者とプレーすること(プライベートではないこと)。
②領収書にプレーした相手の氏名を記載しておくこと。

 

上記の2つは当然の事とも言えます。

実際の税務調査で争点になるのは、

③ゴルフ接待による経営上の好影響がない(売上、取引先が増えていない)
④ 行く回数が多すぎる。

です。

 

要するに、「単なる遊びではないか」と疑われるわけですね。

③と④について証明するのは、難しい面もありますよね。

画一的に判断することは誰にも容易ではないはずです。

だからこそ、①と②は確実に行うべきなのです。

Copyright(c) 2011 梅林税理士事務所 All Rights Reserved.