banner

税理士に依頼するメリット

税理士の仕事内容をひとことで言えば、税金関係の書類・申告書の作成と提出をすることと、税金の相談に乗らせて頂くことです。また、事業主様のお金の動き全体を把握しますので、税理士にできることは資金繰りの改善サポートや経営全般の相談に及ぶことになります。

そもそも、事業をされている経営者様がやらなければならない確定申告や、相続があった時にやらなければならない相続税の申告は、自分でやってもよいものです。
労力と時間さえ許せば、最寄りの税務署に行って、税務署員と相談しながら申告書の作成をすすめていくことができます。あるいは、近くの本屋さんで書籍を買い、インターネットで調べて、自分で税金の計算をすることだってできるのです。

それでもなお、税理士に依頼するメリットがあるとすれば、以下を挙げられるのではないでしょうか。

① 書類の作成を正確に迅速にできること

上記のとおり、書類の作成は誰にでもできるのですが、普段から慣れていないことをするのは骨が折れる作業です。
間違って提出してしまえば税務署からの問い合わせもあります。払う必要のない税金を払っても気づきません。

その点、税理士はプロです。申告書をはじめ、書類の作成を正確に行うことは基本中の基本ということになります。
また、数字を迅速に計算することができるため、お客様にいち早く情報をお届けできます。
別の視点から申し上げれば、税理士に面倒な書類の作成を頼んでしまい、みなさまは本業のお仕事等に時間を割くことができます。

② 銀行・親会社などから依頼される書類の作成

事業の規模が大きくなればなるほど、取引関係者からいろいろな書類の提出を求められることも多くなります。主に銀行、親会社、国や地方公共団体からの依頼があると思われます。

本業のお仕事に集中したいところですが、銀行や親会社は、取引先であるみなさまの経営成績の情報をいち早く欲しがります。また、その内容の妥当性や正確性も問われることでしょう。
日頃からみなさまの財務情報に触れている税理士にとっては、そのような書類の作成や財務情報の整理は得意とするところです。
「自己資本比率?」「損益分岐点?」などの耳慣れない言葉もわかりやすく説明するのが税理士の使命です。
時に、銀行員や親会社の方と直接連絡や折衝を行います。

③ 専門的で難しい税金の仕組みをわかりやすく説明させること

税金の考え方は特殊なものです。法人税・所得税・相続税・消費税、それぞれに特色があります。
その仕組みは、複雑で理解しにくいものです。その複雑さ、難しさを、いかにみなさまに簡単にご説明して納得して頂くかというのも税理士の使命といえます。

納得できるまで何度でも質問できる税理士、気軽に尋ねやすい専門家が近くにいるのは心強いのではないでしょうか。

④ 節税をさせること

節税をするというのも税理士の大切な業務です。無駄な支払いは誰だってしたくないでしょう。
会社の税金、会社設立のメリット、相続による税金、生前相続対策、住民税、固定資産税、それらに関連する社会保険料、年金との関係、など考えなければいけない点は少なくありません。

ところで、脱税は節税とは違います。
安易に税金をまぬがれる脱税方法はたくさんありますが、窃盗や傷害と同じように犯罪です。
節税に魔法はありません。書面ひとつで簡単にできる節税もありますが、日頃からコツコツ節約する節税も重要です。
一年で10万円節税できれば10年で100万円の節税になるのです。
税理士は、節税に対して一緒に努力できるパートナーになる存在です。

⑤ 税務調査に立ち会わせること

事業をすすめていく上で、税務調査も避けて通れない規制のひとつです。
個人事業主・法人に対する税務調査はもちろんのこと、相続税の申告に対しても税務調査はあります。税務調査とは、税務署員が期日を指定し(指定なく突然の時もあります)、みなさまの会社や自宅に訪問して、税金の申告が正しく行われているかどうかを調査する行政の手続きです。

同じく税金のプロである税務署員の徹底した調査に対して、きちんと対処するのもわれわれ税理士の業務です。

 これら突き詰めていきますと、お客様の身近で話しやすい相談者となること、あるいは、お客様の事業運営をサポートして利益をあげるお手伝いをすること、が税理士の役割といえます。

Copyright(c) 2011 梅林税理士事務所 All Rights Reserved.